一人旅に憧れるあなたへ、気ままな日帰り旅行のススメ

気の向くままに出かけてみよう

一人旅に出てみたい、という方にまずおすすめしたいのが気ままな日帰り旅行。行先も決めずただ気ままに車を走らせるか、電車やバスに乗ってふらりと出かけるのです。交差点を左に行くか右に行くかを決めるのも、上り電車に乗るか下り電車に乗るか、どこで途中下車するかも気分次第です。

行った先や降りた先で気になったお店や施設にはどんどん入ってみましょう。意外と失敗することは少なく、とびきりおいしいランチや掘り出し物に出会える確率が高いから不思議です。後々、友人や家族ともリピート利用することになる温泉や美術館、グルメスポットに出会えることも少なくありません。

気ままに旅するだけなのですが、自然と旅先での時間感覚やプランニングの仕方等が分かってくるので、本格的な一人旅への準備を楽しみながら実践できます。

一人旅に安心をくれる、ちょっとしたコツ

一人旅の経験値をあげてくれる日帰り旅行ですが、全くリスクがないわけではありません。リスクを減らしてより安全で楽しい旅にできるコツがあるので、ご紹介したいと思います。まずは片道の所要時間の設定。一人旅に出るのが全く初めてという場合には、片道2時間程度に留めるのが安心です。これくらいの距離だと万一迷っても幹線道路を使って帰ってきやすいですし、電車も駅員さんに聞けばすぐに答えてもらえることが多いのです。地図アプリ、時刻表アプリもあると安心です。

さらに、多めのお金をメインのお財布と分けて荷物に入れておくことと、非常食にもできる飲み物やおやつを持っておくと、何かあっても何とかなると思えて心強いものです。これらは、後々本格的な一人旅をするようになっても役立つものなので、ぜひ、実践してみてください。

春になったら香美行きのタビマスターズを発見して旅行を楽しもう。

中国は雄大な国であり

旅行先としてベストです

海外旅行の先として、中国は極めてお勧めできます。一つは、アジア圏であり、それなりに近い文化があるので、そこまで抵抗感がない、ということがあります。もちろん、見るところが一杯ある、ということも魅力ではあります。まずは、雄渾な自然がありますから、それを見に行くとよいです。幻想的な泉があったり、世界的な規模の河川もあります。霊山もありますし、霊峰もあります。きわめて雄渾して壮大な自然を堪能できる国であるといえます。ちなみに昔からとても人気があるのが、杭州です。中国南部にあり、今では非常に発展しているところでもあります。

霧が実に幻想的なところ

杭州の西湖は、八方が山なので、年中、霧に覆われていることでも有名です。その霧こそが、幻想的な雰囲気を醸しだしている要因でもあります。ちなみに国内からの観光客も非常に多く、国内外をあわせると年間にして8000万人弱が訪れているとされています。人口が桁違いなので、訪れる人も桁違いなのが、中国です。高名な詩人が作った堤がありますから、それも見るとよいです。古くは配流先だったこともあるので、意外と多くの文人が流れてきており、名詩を残していたりします。風景を詠んでいる詩も多いですから、それを見ながら観光するとよいです。

こちらのサイトから宇陀市に精通しているタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

アジア人同士の連帯感

欧風の食卓からはみ出したポテトについて

日常的に日本人であることを意識している人が、たくさんいるはずもないが、海外に出ると、自分が日本人であることを、まざまざと思い知らされる。

欧米に行くと、とりわけ顕著だ。周りはみな自分より体格がよく、出てくる食事の量も桁違い。肉を頼むと大概200gはあろうかという巨大なものがどこにいっても出てくるし、その横には実に大量のポテトが、これでもかといった風に乗っている。いや、性格には皿からはみ出して、落ちている。こんなものを常日頃から食べているのだから、そりゃあ体格は大きくなるし、彼らに言わせれば「日本人は少食だ」となるわけだ。

お米。それは人と人とをつなぐ魔法の食物

じゃあ、そんな食事に満足するか、というとそこは日本人の悲しい性。どうしてもお米が食べたくて仕方がない。肉をおかずに米をかきこむものだろうよ!?と心の中で叫んでみても、同感してくれる人は周りにはいない。そんなときにはどうするか?

もちろん、決まっている。世界各国どこにでも存在する中華料理店に行くのだ。日本で見る中国人は外国人だが、異国の地で見る中国人は同胞だ。なぜなら彼らは、同じ米文化の人間だからだ。店に入るなりチャーハンを頼む私を、暖かく見守ってくれる中国人のおばちゃんの顔は、まさしく母の慈愛に満ち溢れている。米は人と人とをつなぐ魔法の食物。まさに、Rice is beautiful…。

こちらのサイトから徳島に詳しいタビマスターズを見つけて飛び立とう

旅行に行く時に私が活用している交通手段

旅行は大好きだけど、沢山行くのはお金がかかる

私は旅行が大好きなのですが、しょっちゅう旅行に行くので、結構お金がかかってしまっています。以前は新幹線等の交通手段を使って日本全国を旅していたのですが、すぐに旅行資金が尽きてしまって旅行に行きたくてもいけない事が多くなっていました。そこで、私が使うようになった交通手段が夜行バスです。つい最近は千葉から新潟までその夜行バスを使って旅行に行きました。新幹線で行くとなると片道約一万円程掛かりますが、夜行バスの一番安いプランでいけば何とその四分の一、二千五百円でその時は利用することが出来、大幅に旅行にかかる交通費を減らすことが出来たのです。

時間も有効活用できてお金も節約できて一石二鳥

旅行の時に夜行バスを利用するのは、時間も有効活用でき、お金も節約できて一石二鳥です。夜行バスは深夜帯に運転して目的地まで行きますし、夜は照明などは暗くなってそこで寝ることが出来ます。事前に準備をして、寝て行ったらあっという間に目的地に着いていた何てことは良くあります。これが車で運転していくとなるとその時間は起きてなければいけませんし、全くの無駄な時間になってしまうでしょう。なので、夜行バスは時間的にもメリットがあるのです。お金も安いので本当に便利だと私は感じています。ぜひ、旅行の時の費用を安くしたいのならば、そんな夜行バスを活用して見て下さい。

秋になったら山梨のタビマスターズを見つけて飛び立とう

着物好きならやってみたい!着物旅のススメ

着物旅のメリットとは?

着物で旅行、というと驚かれるかもしれません。しかし、自分で着物を着られる人なら大丈夫!意外に行けてしまうものなんです。近場の国内旅行でも、着物で行くだけでちょっとだけスペシャルな気分が味わえること請け合いです。

では、着物で旅行に行くとどんなメリットがあるのでしょうか?個人的には以下の3つです。

1つめは、旅先で出会った人たちとの会話のきっかけになること。時には外国人観光客に一緒に写真を撮って!なんて頼まれることもあります。2つ目は、洋服で出かけるより荷物がコンパクトにまとまること。着物は実はたたみやすく収納しやすいのです。3つ目は、コーディネートを考える良い機会になること。荷物を最小限に控えたい旅行は、手持ちのアイテムでいかにバリエーションを出せるか考えるチャンスです。

着物旅におすすめのコーディネートは?

では、着物旅におすすめのコーディネートとはどんなものでしょうか。まずは、どんな場面が想定されるかを考えましょう。気の置けない友人と散策、食べ歩きも満喫という旅ならば、木綿やポリエステルなどの洗える着物に半幅帯がおすすめ。足元は思い切って靴にしてみても。同行のお友達にも気を遣わせずに済みます。ご主人と二人、ちょっと良い旅館でゆったりという旅ならば、あっさりした紬に名古屋帯のお太鼓で上品に。帯締めや帯揚げ、帯留め等の小物類で印象を変えるのも良いでしょう。2泊以上の旅ならば、着用によるくたびれを考慮して、着物は2枚持って行きたいところ。両方の着物に合う帯と、小物を何パターンか考えて持って行くと旅の間中違った装いを楽しめますよ。

まずは近場の旅行で、着物旅デビューしてみませんか?

ここで福井にいるタビマスターズを発見して旅行を楽しもう。

旅行先のホテルでクラブラウンジを満喫する

クラブラウンジ選びの注意点

旅行先のホテル選びの際に、クラブラウンジがついているホテルにする人は多くいるでしょうが、クラブラウンジと言うのはホテルによって内容がかなり異なりますので、選び際には注意が必要です。

出てくる料理が違う、と言うのはもちろんですが、利用時間などもホテルによってさまざまです。例えば、朝食、軽食、アフタヌーンティー、カクテルタイムなど、朝から夜までさまざまな時間が設けられているホテルの場合には、メリハリがあって、色々な楽しみ方ができて楽しいものです。

ホテルによっては、2種類ぐらいしかこういった時間帯がない所もありますので、気にしておきたいポイントです。

クラブラウンジの利用時間の長さに注意

クラブラウンジと言うのは、同じナイトタイムであっても、ホテルによって利用できる時間が異なります。カクテルタイムが2時間半しかないホテルもあれば、4時間も利用できるホテルもあります。もちろん、ホテルによってメニューが異なりますし、あまり飲まない人もいるでしょうし、どんなに長く居たって2時間半も居ない、と言う人もいるでしょうから、利用可能時間が長ければ良いと言うものでもありませんが、旅行中に色々と観光スポットを回ることを考えると、クラブラウンジの利用時間が長い方が、ラウンジを利用しやすくなるものです。

こちらのサイトから島根の一部で話題のタビマスターズを発見して旅行を楽しみましょう。

サントリーニへの旅行

ロマン溢れる島サントリーニ

サントリーニは青と白の美しい建物と、海の景色が映えるとても綺麗なギリシャの島です。ギリシャからはアテネ空港から飛行機か、もしくはフェリーで行くことが出来ます。島は頑張れば一日でまわれてしまうほどの小さな島ですが、見所は多々あり、ビーチリゾートはもちろんのこと、古代の遺跡なども多く残っています。また魚介類をふんだんに使ったギリシャ料理は日本人の口にも合い、とてもおいしいです。島にある町には多くの観光客で賑わい、ショッピングや観光を楽しんだりしています。特に夕方時には多くの人が集まり、水平線の向こうへ沈んでゆく夕日を眺めます。

サントリーニに眠る古代遺跡

サントリーニには古代ローマ人、ギリシア人の残した遺跡が至る所にあります。屋根で遺跡のすべてを覆った考古学博物館などは特に見応えがあり、古代のひとびとがどうやって暮らしていたのかを想像することができます。何よりすばらしい遺跡は、山の上にある古代遺跡です。かつては誰も寄せ付けないような険しい山道の上に人びとは岩作りの家を建て、劇場や神殿なども作っていたようですが、現在でもその名残をよい保存状態で見ることができます。また山の上から眺める海や島の景色も美しく、古代のひとびとと同じような目線で景色を眺めているのかと思い感動することができます。

ここから富山行きのタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。